総量規制 銀行カードローン

MENU

総量規制について知っておこう!銀行カードローンには関係ない?

キャッシングの際は総量規制について知っておこう!

総量規制

消費者金融などからキャッシングを行う際、貸金業法によって「総量規制」が適応されます。

 

この総量規制は、「消費者の借り過ぎを防ぐ制度」の事で、年収の3分の1以上の借入は強制的に出来なくなる、という法律になります。

 

なので、新たにキャッシングを申し込もうとする際、他社から年収の3分の1に到達する額を借入している場合や、他社と新規の借入額を合わせて年収3分の1以上になる場合は、新たにキャッシングを申し込む事は出来ない決まりとなっています。

 

ただし、総量規制も適応されないパターンがあるので、今回はそちらも併せて詳しく説明していこうと思います!

 

もう少し詳しく!総量規制についてのアレコレ

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入が出来なくなる法律になります。

 

例えば

年収300万円の人の場合、100万円以上の借入は出来なくなる

こういった感じで、借入限度数が定められています。

 

総量規制の対象となる金融機関はコチラ

■消費者金融
■信販会社
■クレジット会社

 

※なぜ総量規制が制定されたの?
以前消費者金融などから多額の借入を行い、自己破産をしてしまう方が急増し、国が消費者の「借り過ぎによる破産」を防ぐために出した法律になります。

 

全ての借入が総量規制に含まれるわけではない!

借入の際に定められている総量規制ですが、実は全ての借入に対して定められているワケではないのです。

 

この総量規制が適応される場合とそうでない場合があるので、コチラで説明していきますね。

 

総量規制が除外される場合は?

■住宅ローン
■車のローン
■高額療養費の貸付
■有価証券担保の借入
■不動産担保の借入
■金融取引業者から500万を超える借入
などが、総量規制の対象外となっています。

 

ローンに関しては、自動車ローンや住宅ローン、更に教育ローンなど、使用用途が限定されている銀行カードローンに関しても総量規制対象外となっているんです。

 

また、貸金業法は消費者金融などの貸金業に対して適応される制度であって、銀行のローンは貸金業ではないので、総量規制の対象にはならないのです。

 

また、消費者金融で借入する場合でも、このようなケースは総量規制の対象外になります。

■配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付

 

消費者金融から希望額を借入したい場合、総量規制が適応されるか心配な方は、配偶者の収入も併せた額を申告する事で、総量規制の心配がなくなります。