キャッシング 利息 計算

MENU

キャッシング前に知っておこう!利息の計算と可処分所得のこと

「利息の計算方法」と「可処分所得」って何?

利息の計算 可処分所得

キャッシングを利用する前に「利息の計算」と「可処分所得」についてはしっかり把握しておきましょう!

 

コチラのページでは、初めてキャッシングを利用する方の為に、利息や可処分所得についてを分かりやすく説明していますので、ぜひチェックしておきましょう!

 

利息の計算方法について

利息の計算

キャッシングの利息について

消費者金融のキャッシングには利息がかかりますが、この利息はどの消費者金融であっても「最大年18.0%」に設定されています。

 

18.0%以上の利息がかかる業者は悪徳業者である可能性も高いのでご注意下さい!

 

さて、コチラではキャッシングの利息についてざっとお話ししていきますが、キャッシングで借入を行う際に利息の計算方法を知っておくと、最終的にどれだけ利息がかかり、どれだけ返済に時間がかかるか、という予想を立てる事が出来ます。

 

最終的な利息の金額を知る事で「これだけ借りるとこれだけ利息が付くんだ!」と理解する事が出来、借り過ぎ防止にも役に立ちますよ^^

 

「利息の計算なんて難しい!」と思う方も多いと思いますが、一度覚えてしまえば簡単ですし、消費者金融によってはホームページに利息を自動計算してくれるシュミレーターを掲載している事もあるので、簡単に利息を計算する事も出来ます。

 

利息の計算方法はコチラ

消費者金融などで金利を見ると、『年●●%』という表示がされている場合が多いと思いますが、毎月いくらの金利がかかるのか、これでは分からないですよね。

 

例えば、年利を18.0%で計算した場合の、1ヶ月にかかる金利についての計算方法を見ていきましょう。

■借入総額×年利%÷365×1ヶ月=1ヶ月分の金利■

 

この方法で、1ヶ月にどれだけ金利を払わなければいけないのかを計算する事が出来ます。

 

■総額10万円を年利18.0%で借入した場合の1ヶ月の金利

⇒10万円×18%÷365×30=1,480円

 

年利18%で10万円を30日間借入した場合、金利は1ヶ月1,480円かかるという計算になります。

 

また、今回紹介した計算方法よりも簡単な方法でもある程度の金利を算出する事が出来ます!

■借入総額×年利%÷12=1ヶ月の大体の金利■

 

この計算方法だと、10万円を18%で30日間借入した場合、月1,500円の金利が算出する事が出来ます。
コチラはある程度ざっくりとした計算方法なので、「ある程度の金利を知っておきたい」という方向けの計算方法ですね。コチラも覚えておくと便利かと思います。

 

 

可処分所得について

可処分所得

皆さんは「可処分所得」というのをご存知でしょうか?

 

あまり耳にする事のない言葉ではありますが、一体どんな所得の事を指すのか、コチラで詳しく説明しています!

 

可処分所得とは「手取りのお金」の事

可処分所得とは分かりやすく例えると「手取り」のお金です。

 

多くの場合、総支給額から社会保険や税金などが引かれた金額が「毎月の給与」として振り込みされると思いますが、支払わなくてはいけない税金などの支払い金額を差し引いた後の金額が「可処分所得」にあたります。

 

可処分所得から月の生活費などを差し引いた金額を算出し、キャッシングを行いましょう!

この可処分所得から更に、毎月かかる生活費(家賃や光熱費、食費やレジャーなど)を差し引いた、最終的に残った金額が「自分自身で自由に使えるお金」となります。

 

実はキャッシングで借り過ぎてしまう方の多くは、この可処分所得についてあまり知らない方が多く、自分自身で自由に使えるお金、というのをなんとなく…でしか把握していないパターンが多いのです。

 

ざっとでも良いので、可処分所得から生活費を差し引き、毎月一体いくら使えるのか…
そのお金を算出しておくだけでも、お金の借り過ぎを防ぐ事にも繋がりますよ。