お金借りる 連帯保証人

MENU

お金を借りるときに連帯保証人って絶対に必要ない?

消費者金融のキャッシングでは保証人は必要?解説しています!

保証人

初めて消費者金融などでキャッシングを申し込む際、気になるのが「保証人は必要なのか?」という事だと思います。

 

基本的に消費者金融のキャッシングでは「保証人不要」とありますが、絶対に連帯保証人って必要ないのでしょうか?調べてみました!

 

本当に必要ない?連帯保証人が要らない理由とは

消費者金融の特徴【担保や連帯保証人不要】

消費者金融でお金を借りる際「連帯保証人が必要ない」理由として、「個人を対象にした融資」だから、という事になります。

 

また、融資する額も少額の場合が多いので、無担保で融資を行う事が出来るのです。

 

無担保、連帯保証人なしで借りやすいけど…

消費者金融は「担保・連帯保証人なし」なので、手軽に利用しやすいのがメリットの一つですが、その反面金利が高い傾向にあります。

 

現在では貸金業法などの改定などによりグレーゾーン金利が廃止され、一律上限金利を18.0%に設定している消費者金融がほとんどですが、銀行のローンなどと比べると金利はかなり高い傾向にあります。

 

 

保証人が必要なケースってある?

保証人が必要なケースは『大口の借入(借入額が高額)』などの場合において、連帯保証人が必要になってくる場合があります。

 

■銀行のローン
⇒自動車ローン、住宅ローンなど

 

自動車や住宅のローンは高額になるので、審査に時間もかかりやすいのが特徴です。

 

融資に時間がかかるもの、融資額が多額になるものに関しては別途連帯保証人が必要になってきます。

 

 

どうして保証人が不要なの?

銀行との差別化を図る為

銀行から借入を行う際は、借入額にもよりますが連帯保証人が必要な場合が多い為、銀行との差別化を図り、消費者金融では「個人の小口融資に関して」連帯保証人不要、という事にしているんです。

 

ただ、銀行でも「保証人不要」のローンなどが出て来ている為、将来的に「銀行と消費者金融の差別化」を図るのは難しくなるだろうと予想されています。

 

顧客獲得のためのアピール

保証人不要であれば誰でも気軽に借りやすいですよね。利便性も高いので、顧客集客の為のアピールとして「保証人不要」で融資を行っているのが消費者金融なのです。

 

沢山お金を借りる人がいれば、必然的に利益が生まれてきますよね。より多くの顧客をつかみ利益を生み出す為にも、「保証人不要」として主婦やアルバイトの方でも借りれる可能性があるシステムになったのです。

 

これらの理由により、保証人不要でも融資を受ける事が出来るのですが、もう一方で「保証人ナシであるからこそのデメリット」についてもお話ししますね。

 

保証人不要の変わりに金利が高い

保証人不要という事ですが、万が一債権者に支払い能力が無かった場合、消費者金融の損失に繋がります。そういった損失を避ける為に高い金利を設定しているのです。

 

借入は年収の3分の1まで!

消費者金融には「貸金業法」という法律が定められていますが、その貸金業法の「総量規制」という制度により、「年収の3分の1以上の借入は出来ない」事になっています。

 

なので、消費者金融は銀行ローンとは違い、少額の融資を主とした取り引きを主体にしているのです。少額融資であれば万が一返済不可になっても損失が少なく済みますし、消費者金融にもメリットは大きいと言えるでしょう。