フリーター お金借りる 条件

MENU

フリーターでもお金を借りることはできるの?条件はある?

フリーターでもお金を借りれる?条件などを徹底解説!

フリーター お金借りる

キャッシング審査は「安定した職業についている人」が一番通りやすいですが、フリーターはキャッシングには申し込めない!という訳ではありません。

 

フリーターであっても、毎月きちんと所得を得ている事を証明する事が出来ればお金を借りる事は出来ます。

 

その際の条件などについて、詳しく説明していますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

フリーターでもお金を借りる事が出来る条件とは?

フリーター お金借りる

フリーターは基本的に審査が厳しいと覚えておこう!

消費者金融などがお金を貸す際、「安定した職業に就いているか?」を重要視します。

 

例えば無職の人には誰もお金を貸そう、なんて思わないですよね。各消費者金融も同じで、「きちんと返済能力がある人」に貸したいと思っています。

 

一般的に審査が通りやすいと言われているのは公務員など、定年まで安定して仕事が出来る環境にある職業で、自営業やフリーターなどは審査基準が厳しくなる傾向にあるようです。

 

フリーターの場合、アルバイトなどで生計を立てている方もいらっしゃいますが、基本的にアルバイトなどは審査が厳しくなってしまうと思っておきましょう。

 

基本的に「安定した収入」があれば借りれる可能性があります

フリーターであっても、アルバイトなどで毎月安定した収入を得られていれば、お金を借りれる可能性があります。

 

その際、毎月安定した収入がある、という証明(所得証明、給与明細など)の添付が必要になってくる場合があるので、申し込み時はあらかじめ手元に用意しておいた方が良いでしょう。

 

フリーターだといくらまで借りれるの?

消費者金融では、貸金業法である「総量規制」が適応されるので、フリーターであっても収入の3分の1までの金額なら借入する事が出来ます。

 

例えば、年収が300万近くある場合は最大で100万円程度まで借入する事が出来る計算ではありますが、最大金額まで借入出来るかどうかは難しい所になります。

 

安定した収入はあっても、アルバイトという不安定な職業の場合ですと、多くの場合は10万〜50万の間の借入が限度となる場合が大きいです。

 

大きい金額の借入を考えている方はご注意下さい。

 

日雇いや短期アルバイトでもお金は借りられる?

フリーターと一言で言っても、日雇いだったり短期アルバイトだったり…と状況は様々です。

 

日雇い労働者や短期アルバイトの場合、「安定した収入が見込めない」と判断されるケースが多いので、審査落ちしてしまう確率も高くなると言えるでしょう。

 

例えば日雇いや短期アルバイトであっても、毎月安定した収入があれば別ですが、収入が不安定な場合は貸して貰えない可能性も高くなります。

 

急にお金が必要になった!という場合もあると思いますが、基本的には「日雇いや短期アルバイトは審査に通りにくい、借りにくい」と考えておいた方が良さそうです。

 

フリーターがお金を借りる為、審査時に気を付けなければいけない事

■申し込み内容に不備は無いか?(職場や住所の不備など)
■在籍確認は取れる状況か?(在籍確認が取れないと借入出来ません)
■連絡が取れない(電話番号が通じない)
■他社から既に年収の3分の1を借りている状況
■何らかの支払いが滞っており、信用情報機関に名前が掲載されている場合

 

申し込み時はウソの申告などないようにしておきましょう。
「アルバイトだから通らないかも…」と不安な気持ちは分かりますが、虚偽の申告は必ずバレます。フリーターでもアルバイトで毎月安定した収入があれば借入は可能なので、虚偽の申告はしないようにしましょう。

 

また、在籍確認が取れないと審査自体を受ける事が出来ないので、コチラも注意が必要です。