複数社 お金借りる 短期間

MENU

【危険!】短期間に複数社に申し込んでお金を借りたら何が起こる?

短期間のうちに複数社に申し込んだら【危険!】

複数社 申し込み

「審査に通るか不安だから…」などという理由で、複数社にキャッシング申し込みをしていませんか?

 

実は短期間のうちに複数社にキャッシング申し込みを行う事はNGとされているのです。なぜ複数社に申し込む事がNGなのか、次から説明していきますので、ぜひ確認しておいて下さい。

 

なぜ【危険?】複数社に申し込む事で何が起きるか?

複数社 申し込み

消費者金融のキャッシング申し込みを「短期間のうちに複数社に申し込んだ」場合、3社目からは審査落ちする可能性が非常に高くなります。

 

他社で借入出来ない=何か問題があるのでは?と疑われる

1社目、2社目でキャッシング審査が通らず、短期間のうちに3社以上に申し込みを行った場合、「他社で貸して貰えなかったから=貸してもらえない理由があるのか?」と疑われてしまいます。

 

キャッシング審査の申し込みは「信用情報機関」という機関にて一括で管理されており、「いつ、どこで、誰が、キャッシング審査に申し込んだのか?」という詳細情報を、各金融機関で共有していつでも観覧できるようになっています。

 

この情報を元に、「お金を貸しても良いか」を判断するのです。

 

信用情報機関には申し込みの記録があるのに、いずれも契約した記録がない場合、「消費者に何らかの金銭的問題があり借入が出来ない」と思われてしまい、審査に落ちる確率が格段に高くなってしまいます。

 

お金に非常に困っている=貸し倒れになる可能性が高いと疑われる

短期間に複数社に申し込んでいる情報が記録されていると、「お金に切羽詰まっている状況なのでは?」と疑われてしまいます。

 

何か金銭的に問題があると判断されがちになり、「貸し倒れになってしまう可能性が高くなる」と判断され、審査に落とされる可能性がグッと高くなってしまうのです。

 

短期間のうちに何度も審査に申し込む事によって、消費者金融側は申し込み者に対して「あまりよくないイメージ」を受ける事になります。

 

消費者金融の心証が悪くなると、もちろん審査にも影響が出て来ます。特に「お金が必要だから!」と1ヶ月以内に複数のカードローンに申し込みを行う事、コレは絶対に避けた方が良いと言えるでしょう。

申し込みブラックになって審査落ちの可能性が高くなります!

1ヶ月以内に複数の会社にキャッシング申し込みを行った場合、「申し込みブラック」になってしまいます。

 

申し込みブラックとは、1ヶ月以内に3社以上の金融機関に審査申し込みお行った場合になってしまう事で、「何度も申し込んでいるけど…お金に困っている・支払い能力がないかもしれない」という印象から、審査に通りにくくなる事を指します。

 

申し込みブラック期間中は何度審査に申し込んでも落ちてしまう確率の方が高くなってしまうので、「1ヶ月の間に3社以上にキャッシング申し込みをした」場合、最低でも6カ月間は審査に通りにくくなると考えておいて下さい。

 

金融機関への申し込み情報は、最長6カ月間保存されているので、6カ月あけてから再度申し込む事で、審査に通る可能性も高くなります。