Apple Pay メリット デメリット

MENU

Apple Payのメリットデメリット|上手に使ってお金の節約

Apple Payって何?メリット・デメリットを説明しています!

ApplePay メリット デメリット

皆さんは「ApplePay」をご存知ですか?

 

ApplePayとは、appleの新しいサービスの一つで「お財布ケータイ」のような機能になります。これまでiPhoneでは「お財布ケータイ」を利用出来なかったのですが、新たに追加された機能によって、利便性が高まりました。

 

このApplePay、上手に使う事でお金の節約になる、という話ですが、まずはApplePayに関して色々と説明していきたいと思います!

 

Apple Payとは?どんな機能になるの?

Apple Payは、appleが提供する電子決済サービスの一つで、お財布ケータイのような役割を行うものになります。これまでiPhoneなどにはお財布ケータイ機能が無かった為、この電子決済サービスが使えるようになる事で利便性が上がる事が良そうされます。

 

今やiPhoneユーザーは世界中に居ますから、全てのユーザーが待ち望んでいた新しい機能、という事になりますね。

 

クレジットカードやプリペイドカード情報をApplePayに登録するだけ!

お手持ちのクレジットカードやプリペイドカード情報をApplePayに登録すると、iPhoneやAplle Watchなどで簡単に決済を行う事が出来ます。

 

ただ、スマートフォンのお財布ケータイと違うのは、公共機関などで使用するだけではなく、iTunesなどでアプリの決済やホットペッパーグルメも利用することが出来るという所です。

 

ApplePayにクレジットカードやギフトカード登録をしておけば、iTunesやホットペッパーグルメのギフト券の購入をする事が出来るんですよ。

 

このApplePayに対応しているのはご存知の通りiPhoneやAppleWatchなどです。ただし、使用する機種(タブレットなど)によって使える範囲が決められているそうです。

 

ただ、一般的な「お財布ケータイ」と同じように使えるのは

 

■iPhone7

■7Plus、AppleWatchSeries2

 

やはり最新機種でないと、一般的なお財布ケータイのように使用する事が出来ないようです。ただ、使える部分が限られるだけなので、これまでと比べると格段に使いやすくはなっているかと思います。

 

 

Aoole Payのメリットは?

ApplePayのメリットは、やはりお財布ケータイと同じようにiPhoneなどの機種も使えるようになった、という所です。

 

ApplePayにクレジットカードやギフトカードなどの情報を登録しておけば良いだけなので、使い勝手はかなり良くなったと思いますよ。

 

■ApplePayのメリット
⇒クレジットカードなどをApplePayでひとまとめにしておく事が出来る
⇒ANASkipサービスも利用可能
⇒登録しているクレジットカードから、Suicaに直接チャージ出来るのでチャージの手間が省ける
⇒日本国内の様々な店舗でも利用可能(QUICPayやiDなどに対応している店舗)
⇒iTunesやアプリ内で使う事が出来る
⇒セキュリティがしっかりしているので、紛失した際でも安心(遠隔操作によって使用停止が出来る)

 

また、ApplePayは主要なクレジットカード会社と連携しているという事もあり、クレジットカードを使用するのと同じようにポイントも貯まっていくのも特徴の一つ。

 

従来のスマートフォンなどのお財布ケータイではクレジットカードのように使用する事は出来なかったので、ポイントを沢山貯められるという事が「上手に節約する事が出来る!」に繋がるのだと言われているのです。

 

わざわざカードを何枚も持たなくても、iPhone一つでサッとお買い物などが出来たらやっぱり便利ですよね^^

 

Apple Payのデメリットって?

メリットが沢山あるApplePayですが、デメリットもあります。

 

■ApplePayのデメリット
⇒対応している電子マネーやクレジットカードがまだ少ない傾向にある
⇒同じサービスを同時に2つの機種で共有する事が出来ない
⇒ポイントの二重取りが出来ない

 

現在では楽天Edyやnanacoを利用している方が増えていますが、これらの電子マネーはApplePayではまだ非対応です。運用されていき利用者が増えて行けば対応可能になるとは思いますが、現時点でこれらの電子マネーが使えないとなると、少し不便な感じもしますね。

 

また、パスモやPiTaPaなどの主要交通機関電子マネーも使えないのもデメリットの一つだと言えるでしょう。
これは今後の対応に期待していきたい所でもあります。

 

その他にもVisaカードではApplePayは非対応だったり、やはりまだまだApplePay対応のクレジットカードや電子マネーが少ないのがデメリットでもあります。

 

ただ、これらはいずれ対応可能になる事は予想されますが、その時期がいつになるのか…待ち遠しいですね。更に使い勝手が良くなれば良いな、と思う方も多いのではないでしょうか。