今すぐ お金借りる

MENU

お金を借りるのが初めてなら大手の金融機関を選ぼう

今すぐお金を借りる必要がある人で、かつ初めてお金を借りる場合は、大手の金融機関が一番安心です。

 

コチラではランキング形式でおススメの金融機関をご紹介していますので、初めてお金を借りる際は参考にしてみて下さい。

 

アコムの特徴

TVCMなどでも有名なアコムは、キャッシング大手の一つでもあります。

初めてのご利用の方なら30日間の金利0円サービスや、即日融資にも対応しており、安心して借りやすいと人気です。

必要書類をスマホで送れるサービスなどの各種サービスも充実していて、ネットで申し込みから契約まででき、初めてお金を借りる方に多く選ばれています。

実質年率 3.0-18.0%
評価 評価5
備考 融資限度額500万円
アコムの総評

審査に不安がある方でも、ネット診断がありますのでその場ですぐ融資可能かどうかの目安をチェックする事も出来ます。

大手金融機関なのでプライバシーも徹底管理されています。家族や職場の人にバレる事なくスマートにお金を借りる事が出来るので、初めてお金を借りる!という場合はアコムがおススメです。

プロミスの特徴

プロミスの魅力は『WEB完結でも対応可能』な点です。審査が最短30分というのも魅力ですね。

WEB上でお金を借りる全ての手続きが終了するので、初めての借入で不安な方も、自宅に居ながら気軽にお金を借りる事が出来るのがポイント!

忙しい時にもその場ですぐ申し込みが出来るのも良いですね。初めてでも利用しやすい金融機関の一つです。

実質年率 4.5-17.8%
評価 評価5
備考 融資限度額500万円
プロミスの総評

WEB完結なら「郵送物ナシ」「カードレスで取り引きが出来る」(※対象金融機関は200行以上あります)ので、自宅に郵送物が届く心配などもありません。また、カードレスなので家族にバレる心配もなく、安心して利用する事が出来ます。

また、初めてのご利用の方であれば、まるごと30日間金利無料!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

これも嬉しいサービスの一つですよね。

アイフルの特徴

アイフルの魅力は「最短30分で審査完了」するという所です。

急な出費の時でも、アイフルの対応時間内の申し込みなら即日対応可能なので、対応スピードが選ばれている一つのポイントにもなっています。

来店不要でも対応可能なので初めて利用する方でも安心して利用する事が出来ますよ。

実質年率 4.5-18.0%
評価 評価4
備考 融資限度額500万円
アイフルの総評

一度はテレビでアイフルのCMを見かけた事があるという方は多いかと思います。

大手消費者金融の一つのアイフルですが、アイフルも初めてお金を借りる方に利用しやすいポイントが沢山あります!

■初めてのご利用の方は【最大30日間金利0円】サービス実施中
■お急ぎの時でも安心!最短30分で審査完了
■原則来店不要!その場ですぐ申し込みも可能
■職場や家族に知られずスマートにお金を借りる事が出来る

また、融資可能か知りたい方はネットの1秒診断サービスで目安を知ることができます。

モビットの特徴

モビットはノンバンクカードローンで顧客満足度一位も取得しており、初めてのお金を借りる方でも安心して利用出来る金融機関です。

必要書類がスマホで送信できる機能に加え、便利なサービスが充実している「Myモビ」などのサービスも充実しているので、初めての方でも利用しやすいのが特徴です。

また、モビットがおススメのポイントとして「Myモビ」などの会員サービスが充実している点ですね。継続して借入を希望している場合は、こういった会員サービスが充実している金融機関を選ぶのもポイントの一つです。

実質年率 3.0-18.0%
評価 評価3
備考 融資限度額500万円
モビットの総評

WEB上での申し込みならカードレスで対応でき、審査終了後はすぐにその場で利用出来るのも選ばれるポイントにもなっています。

今すぐお金を借りるならどこに申し込めばいい?

お金借りたい

お金借りたい

 

急な出費でお金が必要になって…。

 

でもお金を借りた事が無いからドコから借りたら良いのか。。。

 

騙されたりしないか心配だし、情報が全くないんです。

 

今日中にお金を借りたい場合、どうすれば良いのか教えて下さい!


 

お金借りたい

 

 

任せて下さい!

 

初めてお金を借りる時はまず、大手の金融機関を選ぶようにするのがポイントです!

 

更にその中でもお金をその日のうちに借りれる「即日融資対応」の金融機関を選ぶのがベスト。

 

大手の金融機関なら騙されることもありませんし、初めての利用で金利が一定期間無料になるサービスなども行っているので、安心して借りる事が出来ますよ


 

即日対応可能な大手金融機関を選ぼう!

「今日中にお金を借りたい!」という場合、即日融資に対応した金融機関を選びましょう。

 

大手の金融機関のほとんどは即日融資に対応していますが、銀行営業時間内に契約で来た場合だけ即日融資可能なところもあります。

 

申し込む時間や審査時間などによってその日のうちに借りれない場合もありますので、注意して下さいね。

 

即日対応&安心感で選ぶならアコム!

お金借りたい

 

アコムは即日融資に対応している大手の金融機関です。プライバシー管理もしっかりしているので安心して利用する事が出来ますよ。

 

また、会員サービスでは「24時間振り込みサービス」も行っているので、急にお金が必要になった場合でも時間に関係なくお金を借りる事が出来てとても便利!楽天銀行口座をお持ちの方ならアコムの利用が断然おススメ!

 

土日祝日でも必要な時すぐに借りる事が出来るので、継続して利用するなら使い勝手の良いアコムが一番選ばれています。
※利用する金融機関によって受付時間が異なります。

 

郵送物ナシ&カードレスで選ぶならプロミス!

お金借りたい

プロミスの最大のポイントは「WEB完結でも対応可能」な点です!

 

WEB上ですべての手続きが完了、郵送物が無くカードレス対応(※対象金融機関は200行以上あります)なので職場や家族にバレる可能性が低く、スマートに借入したい方に選ばれています。もちろん即日融資可能なので、利便性も高い金融機関でしょう。

 

申込方法は「店頭で申し込み」「カード郵送希望の申し込み」「カードレス(WEB契約)の申し込み」の3種類がありますが、お急ぎの方はWEB契約を選択してくださいね。

 

来店不要で気軽に利用するならアイフル!

お金借りたい

アイフルは来店不要でWEB上から手続きが完了するので、お急ぎの方にもおススメの金融機関です。

 

ただし、申し込みの時間によっては融資が翌日以降になる場合もある為、「いつまでにお金が必要」とあらかじめ予定が分かっている場合は、早めに申込をしておいた方が良いかもしれません。

 

審査にかかる時間を短縮したいは申し込み後、フリーコールに電話して手続きする事で、審査時間を短縮する事も出来ますよ。

即日融資なら申し込みや審査で不備がないように

お金借りたい

その日のうちにお金を借りれるサービス『即日融資』ですが、審査で不備があると時間がかかってしまい、結局その日のうちに借りれなくなります。

 

その日のうちにどうしても借りたい!という場合、審査で不備がないようにしておくべき!

 

コチラでは各金融機関によって必要な書類や注意点を掲載していますので、申し込みの際の参考にして下さい。。

 

 

必要書類や注意点

お金借りたい

審査時の不備で一番多いのが「書類の不備」です。

 

各社の必要書類一覧

借入金額によらず、本人確認書類は必ず提出しなければならない書類の一つになります。

 

各業者によって用意する書類は変わりますが、書類の不備が無いようにチェックしておきましょう!

 

■アコムの場合
運転免許証/個人番号カードなど顔写真のある証明書
※外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要となりますのでご注意下さい

 

■アイフルの場合
運転免許証/運転経歴証明書/パスポート/公的証明書類(顔写真ありのもの)/個人番号カード/住民基本台帳カード/在留カード・特別永住者証明書(外国籍の方のみ)

 

のような顔写真のある証明書が必要です。

 

※現住所と記載住所が異なる場合は【公共料金の証明書/住民票の写し/印鑑証明書】のいずれかをご用意ください

 

■プロミスの場合
運転免許証/パスポート(顔写真のある証明書)
※現住所と記載住所が違う場合【国税または公共料金納税証明書/社会保険料の領収書/公共料金の領収書/住民票の写しまたは記載事項証明書】のいずれかをご用意ください

 

借入額によって収入証明書も必要

借入額が50万円以上になる場合、基本の提出書類の他に「収入証明書」の提出が必要となります。各金融機関によって準備する書類が異なる場合があるので、以下をチェックしておきましょう!(※その他に金融機関からの借入がある場合、新規借り入れ額と併せた総合計が100万円を超える場合も適応されます。)

 

いずれも記載されている証明書の中から1点、または2点を提出します。(詳しくはカスタマーセンターなどで問い合わせておくと安心です)

■アコムの場合
源泉徴収票(最新のもの)/給与明細書(直近一ヶ月のもの)/市民税・県民税額決定通知書(当年度のもの)/所得証明書(当年度のもの)

 

■アイフルの場合
源泉徴収票(「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除く)/給与明細書(直近2カ月分)/住民税決定通知書・納税通知書/確定申告書/青色申告決算書/収入内訳書/支払調書/所得証明書/年金証書・年金通知書
※給与明細書は地方税(住民税)の記載があるものだと直近1カ月分で済む場合もあります
※賞与証明書などもある場合はそちらも提出しておきましょう!

 

■プロミスの場合
源泉徴収票(発行年度が前年度のもの)/確定申告書(前年度のもの)/税額通知書/所得(課税)証明書/給与明細書(直近の連続した2カ月分)

 

申込内容に虚偽の申告がある場合などはNG!

審査申し込み時、氏名や住所の他に他社からの借入金額や現在抱えているローン、勤続年数やお勤めの会社の情報などを記載する必要があります。

 

これらの情報に虚偽の申告があると審査に通りにくくなる場合もあり、審査に時間がかかる事も予想されるので、申し込み内容はしっかり記載する様にしましょう!

 

※申し込みブラックには気を付けて!
申込ブラックとは、一度に3社以上の金融機関に対して融資の申し込みを行った場合に起きてしまう事を言います。
金融機関は申込者の記入情報を各業者で共有しているので、「いつ、どこで、誰が、どこの金融機関に申し込んだか」がすぐに分かるシステムになっているのです。

 

一度に複数の業者に申し込む事で「お金に困っているのではないか?」という心証を与えてしまい、審査に通りにくくなる事もあるので、申し込み時は一度に複数の業者に申し込みを行う事は避けましょう!

 

申込ブラックになってしまうと、半年は審査に通らない状態になってしまいますのでご注意下さい。

 

 

難しいように見えますが、初めてお金を借りる場合、50万未満の借入であれば「免許証」のみでOKだということです。

 

借り入れ額が大きいと審査が厳しくなるので、必要最小限を借りるようにし、嘘はつかないようにしましょう。

融資までの流れを分かりやすく解説

融資の流れ

融資の細かい流れは各金融機関によって異なりますが、基本の流れを覚えておくだけでもスムーズに申し込みを進める事が出来ます。

WEB申し込みの場合の申し込み方法

各金融機関のホームページにて『融資申し込み』を行う

金融機関の各ホームページにて融資の申し込みを行います。

 

公式ホームページへ行くと、トップページに『申し込みを行う』ボタンがあるので、そちらから申し込みを行います。

 

申し込みページへ移行したら、説明に従って必要事項を記入し、そのまま申し込む事で第一ステップは終了です。

 

※申し込みの際、記載事項に不備や誤りがないかしっかり確認をしておいて下さい。
記載事項に誤りがあると審査に時間がかかってしまい、即日融資を受けられない可能性も出て来ます。また、一度に多数の金融機関に申し込む事も審査を通りにくくしてしまうので、申し込みの際は「記載事項の誤り・不備」と「1社ずつの申し込み」を徹底して下さい。

 

無人契約機や店頭でも申し込み可能ですが・・・

アコムやアイフル、プロミスは無人契約機や店頭でも申し込むことはできますが、WEBで申し込みを済ませておくと、無人契約機などに向かう間に審査が進行しますので、より早く融資までたどり着けます。

 

無人契約機で審査終了まで待つのは精神的にも辛いので、WEBで申し込みを済ませておくことをお勧めします。

 

本人確認の電話に対応する

多くの金融機関の場合、申し込みを受け付けた時点で「本人確認の電話」がかかってきます。

 

本人確認の電話はご自身の携帯や自宅の番号など、都合の良い番号を記載しておいて下さい。確認電話の時間帯も選べる場合もありますので、希望する時間帯などがあればそちらも申し込み時に選択しておきましょう。
※こちらの確認電話は「在籍確認」とは別になります。

 

審査結果を待つ

本人確認などが終わりましたら、融資可能かどうかの審査に移ります。
※本人確認電話が無い場合もあります。

 

この時に、申し込み時に記載した職場へ「在籍確認」の電話がかかってくるので、職場に誰もいないなど、職場に電話がかかってくると不都合がある方などは、申し込み前や本人確認の電話の時に、オペレーターと相談してみて下さい。

 

審査結果に応じて融資を受ける

審査が通ったら晴れて融資を受ける事が出来ますが、融資の方法にはいくつかパターンがあります。

 

■カード発行による融資
■振り込みによる融資

 

「即日融資」と呼ばれているのは「振り込みによる融資」に該当するので、その日のうちにお金が必要な方は振り込みによる融資を選択して下さい。

 

振り込み可能銀行など、各金融機関によって異なりますので、対応可能銀行などは公式ホームページをご確認頂ければと思います。

 

以下の銀行は特に重要で、これらの口座があれば365日24時間振込可能です(メンテナンス時間を除く)

 

・アコム⇒楽天銀行
・プロミス⇒三井住友銀行かジャパンネット銀行

 

また、振り込みによる融資はカード発行の手間がありませんので、自宅に郵送物が届く心配もありません。手軽にお金を借りれる方法として主流になってきている方法でもあります。

 

※振り込み融資じゃなくても即日で融資を受けられる場合も!
お近くに無人契約機などがある場合、そちらからカードを受け取り即日で融資を受けるという方法もあります。

 

無人契約機が対応している時間内だといつでも利用する事が出来ます。

消費者金融と銀行カードローンのメリットデメリットを比較

消費者金融 メリット デメリット

初めてお金を借りる時、どんな業者を選べば良いのか分からない方も沢山いらっしゃると思います。その中でも

 

「消費者金融と銀行カードローン、どっちが良いの?」

 

という疑問に対して、コチラのページでメリットやデメリットについてを比較していきたいと思います。どうぞ最後までお付き合い頂ければ嬉しいです。

 

消費者金融のメリットは?

消費者金融 メリット

■融資スピードが早い!
⇒大手金融機関では最短30分のスピード審査も可能

 

■比較的借り入れしやすい

 

■無担保・保証人不要

 

消費者金融は融資のスピードが速く、借入理由なども問わない事が多いので、「急にお金が必要になった!」という場合において非常に便利な借り方の一つでもあります。

 

また、無担保・保証人不要なので、気軽に借入出来るのもメリットの一つです。

 

銀行ローンのメリットは?

銀行カードローン メリット

■金利が安い

 

■限度額が高い

 

■総量規制の対象に入らない

 

銀行カードローンは金利が安いのが特徴で、更に借入限度額が高いのもポイントです。大きな買い物をする時などに利用しやすいのが銀行カードローンの特徴ですね。

 

また、貸金業法で定められている総量規制「年収の3分の1を超える借入は行えない」の対象外なので、年収やローンの有無に関わらず借入を希望出来るのも特徴の一つです。

 

消費者金融のデメリットは?

消費者金融 デメリット

■金利が高い

 

■総量規制の対象になる

 

消費者金融は金利が高く、更に総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える借入は強制的に出来ない決まりになっています。(貸金業法)
また、金利が高い分元金が減りにくく、長期的な返済になる事もあるので、あらかじめ計画的に返済計画を立てておかなければならない、というデメリットも。

 

銀行カードローンのデメリットは?

銀行カードローン デメリット

■審査が厳しい

 

■審査に時間がかかってしまう
(即日融資可能な銀行もあります)

 

■普通預金口座を開設する必要もある

 

銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあるので、他社から借入を行っている場合は審査に通らない可能性もあります。

 

また、審査には時間がかかってしまう事も多いので、即日融資を希望している方にとっては利用しにくい場合も。普通銀行口座の開設が必要だったりする場合もあるので、何かと手間がかかるのがデメリットとも言えるでしょう。

家族に内緒で借りることはできる?

家族に内緒

お金を借りたいけど家族にはバレたくない…という方もいらっしゃると思います。

 

金融機関でお金を借りる時、家族にバレずに借りる方法はないか、そしてバレずに借りる事は出来るのか?についてをお話しています。

 

郵送物レス対応の消費者金融もあります!

家族にバレる一番の要素は「金融機関からの郵送物」です。

 

各消費者金融から郵送物を送る時、バレにくいように会社の名前は伏せて送られてきますが、それでもネットで検索されて消費者金融だとバレてしまった…という場合もあります。

 

家族にバレたくないなら、「郵送物が無い金融機関」を選ぶのがおススメです。

 

郵送物が届かないタイプの金融機関はコチラ

■プロミス
プロミスは「WEB完結」を行っているので、郵送物ナシ・カードレス取引に対応しています。(※対象金融機関は200行以上あります。)
自宅に郵送物が届く心配もありませんので、家族にバレる心配もありません。
※返済に遅れが生じた場合などは郵送物などが届く場合がありますのでご注意下さい。

 

カード発行時に自宅に郵送されてしまい、家族にバレてしまう…というケースも多いので、利用したい金融機関が「カード発行必要」な場合、こんな方法でも家族にバレる可能性が低くなります!

 

■カードを近くの無人契約機に取りに行く方法
カード発行は「郵送」もしくは「無人契約機での発行」のどちらかを選ぶ事が出来ます。

 

無人契約機に取りに行った場合、自宅に郵送物が送られてくる事が無くなるので、カード発行がある金融機関でも家族にバレる心配なくお金を借りる事が出来ますよ。

 

 

⇒ランキングに戻る